3日で受かる!変額保険販売資格試験

3日で受かる!変額保険販売資格試験 - 変額保険販売資格試験に3日で受かるように問題演習ができるサイトです。

第2問 - 3 販売資格者の位置づけと役割

第2問 - 3 販売資格者の位置づけと役割について

変額保険の情報提供についてについて、次の選択肢が、それぞれ正しいか否かを答えなさい。

1.変額保険の販売担当者には、お客さまが判断するために必要な正しい情報を提供することが求められます。その際、知識・経験・財産の状況および契約締結の目的等のお客さまの情報を収集し、お客さまの意向(ニーズ)に合った商品をおすすめする必要があります。
チェック!

正しい

2.契約の申込みを受けるときには、「契約締結前交付書面」「ご契約のしおり-定款・約款」等を契約者に手渡して重要な事項を説明しなければなりませんが、契約者の受領印は不要です。
チェック!

誤り
契約の申込みを受けるときには、「契約締結前交付書面」「ご契約のしおり-定款・約款」等を契約者に手渡して重要な事項を説明するとともに、契約者の受領印が必要となります。

3.変額保険の販売に際して、お客さまに必ず確認していただく重要な事項には、「保険金額の増減と基本保険金額(最低保証額)」、「モデルにもとづく試算例」等がありますが、「特別勘定の資産運用方針」や「特別勘定資産の評価」などの資産運用に関する事項は、重要な事項とはなっていません。
チェック!

誤り
変額保険の販売に際して、お客さまに必ず確認していただく重要な事項には、「特別勘定の資産運用方針」や「特別勘定資産の評価」などの資産運用に関する事項も、重要な事項に含まれます。

4.お客さまの意向(ニーズ)を確認するための「意向確認書面」は、契約成立後の情報提供の一環として、保険証券と一緒に契約者に送付するものです。
チェック!

誤り
意向確認書は申込時に顧客から取り付ける必要がある

3m
PAGETOP